にゃおのぐーたライフ

寄り添えるような記事を書いていきたい

釣り初心者の僕でも短期間で青物を釣ることができた

f:id:bibi2525:20210509101848p:plain

 

皆さん釣りをしたことはありますか?

したことある人、これからしてみようと思う方に向けて記事を書きたいと思います。

魚釣りには魚種によってさまざまな釣り方がありますが今回は海釣りについてご紹介

していこうと思います。

最初に言っておきます船じゃなくても青物はつれます!

 

 

僕が釣りと出会ったきっかけ

僕は最初、釣りに対するイメージはあまり良くなかったかもしれません。

その理由は、「待ち時間が長い」「岸から釣れるわけがない」

恐らく釣りをしたことがない人は当時の僕と同じ気持ちでしょう。

元々、友達がバス釣りをしておりずっと誘われていましたが、あまり気が進まず

いつも断ってました。ですが毎回誘ってくれていました、今思うと感謝ですね(笑)

特に趣味もなく試しにやってみようかと思い始めたのがきっかけです。

 

最初の1匹

ちなみに、バスというのはブラックバスという魚のことです。

主に、池や湖に生息しており一般的には食べられておりません。

綺麗なとこに生息しているバスは調理して食べられるらしいですが

僕の周りは汚いところが多かったので気は進みませんでした(笑)

 

それから友達に勧められ、まずは道具がいるということで友達と釣具屋に行きました。

釣り竿もどう釣るかも分からずyoutubeで「バス釣り初心者が買うべきもの」的な

動画をとりあえず見ておすすめの竿を買いましたね。

シマノ「ゾディアス」 という竿でしたね。価格は15000円くらいだったと思います。

エサはワームというミミズみたいな疑似餌を貰い使いました。

投げ方を教わり1投目!なんと釣れたんですね!初めての感覚でもう焦りましたし

サイズはそこまで大きくはなかったですが興奮しました(笑)

それから僕の釣りへの探求心が芽生えました。

 

なぜ海釣りをやりだしたか

池や湖は釣れる魚種は多くないですし、食べることが基本できません

そうなんです!「食べれない」これが僕の海釣りをやりだしたきっかけです。

それから毎日のようにyoutubeなどで色々調べ海釣り用の道具をある程度揃えました。

ある程度と言っても 釣り竿 ルアー 糸 リール 実はこれだけで釣りはできます。

普段自分が食べている魚がタダで食べれる!

そんな理想を抱え毎日のように海に通っていましたね(笑)

通うとは言えど魚が釣れているところに行かなければもちろん釣れません。

そんな時によく使っていたアプリがありました、それはツリバカメラというアプリです

実際に釣れた場所、魚種、時間を共有できるアプリです。

時期によって釣れる魚も違いますし時間帯もバラバラなので、このアプリはとても便利でお世話になりました。

是非、インストールしてみてください。

 

初 青物 !!

青物というのは青魚のことです。

一般的には青魚といえばサバやサンマ、アジがよく聞く魚でしょう。

ですが、釣りの時にはそれらは含めず、もっと大きい

ブリ、カンパチ、マグロなどを指します。

こんな大きな魚、船からじゃないと釣れないでしょ! そう思いますよね?

いいえ!釣れます! 僕は普通の灯台から釣りました

その当時の写真がこちらです

釣りを始めて3か月くらいのころですかね

f:id:bibi2525:20210509120408p:plain

高知県にて

ちなみにこの日は、高知県まで行きハマチ狙いでした。

実はこの日荒波で投げるのも一苦労だったんです

あきらめかけた時にボンボン釣れ出しましたね。合計8匹は釣れたでしょうか 

f:id:bibi2525:20210509121104j:plain

40㎝のハマチ

これは地元の海で釣れた時ですね。

もう釣り仲間に自慢しましたね(笑)

しかもこの魚が自分で、しかもタダで釣れるんですよ?!

刺身でも寿司でも丼ぶりでも食べ放題です!最高じゃないですか

ちなみに全くの素人で興味もなかった僕がこうなりましたからね?

自分で捌けるようにもなり、もう立派な釣り人ですね

 

 釣りは男のロマン

僕は今まで色々な種類の魚を釣りました。

カサゴメバル、太刀魚、アジ、シーバス、イカ、タコ、ハマチ、マゴチ

黒鯛、ヒラメ  これらはすべて1年のうちに釣りました。

全くの初心者でも調べて考えてドンドン上手くなれば誰でも釣れます。

もちろん全く釣れない日もありますし、高いルアーを無くすこともあります。

ですが、その頃にはもうハマっているでしょう!

最近では女性の方も増えてきているようで、釣りガール なんて呼ばれたりして

大きい魚は釣れなくても「釣り」というものを楽しむのもありだと思います。

そのうち次のステップに行きたくなるでしょうから

また、一人でのんびりできますし、屋外なためコロナウイルスの感染リスクも

少ないでしょう。

 

どうか、この機会に挑戦してみてはどうでしょう

怪我と事故だけには気をつけて

 

ありがとうございました!